ロボつく

メイドの方はkonozamaクオリティでそのうち届くと思う。で、とりあえずは同じく今日発売のこっち。
「ロボット」っつってもビームとかミサイルとか出すようなスーパーロボット系ではなく、どこがリアルなのかわからんリアルロボット系でもない。ガチで地味で小さいリアルロボ。高専なんかが集まってやるロボコン(これはボールを運ぶとかが主な競技)よりはロボット相撲(http://www.fsi.co.jp/sumo/)に近い感じ。ロボット相撲のロボが殴りあう、そんなロボゲー。歩くのも旋回するのもかなり遅いので、駄目な人は駄目かも。
ロボを作ったり戦わせたりするパートよりもアドベンチャーパートの分量がかなり多く、ロボット動かしてる時間よりデモ見てる時間の方が長い気がする。ただ、これはアドベンチャーパートがそこそこ面白いからちゃんと見ているのであって、スキップ機能が無くて仕方なく見ているわけではない。
ロボ操作とアドベンチャー(選択肢ないから違うか?)をそれぞれ個別に評価してどっちも面白いと思うんだけど、比率を間違えているせいでちょっとテンポが悪い。

メモ以下の気になる点

  • パーツの作成はランダム?
  • 同名パーツの初期値は一定かランダムか不明→一定。配分変えて作っても同じパーツは同じ能力値でできる
  • 殴りあわずにリングアウト負けを繰り返せばパーツ修理費が浮く?(ストーリー上で勝敗の影響度が不明)